ニキビと吹き出物の違いはある?

投稿者: | 2017年5月5日

ニキビと吹き出物の違いってあるのでしょうか?

よく言われているもので、10代とか若い時にできるものはニキビで、おとなになって出てくるものが吹き出物だと聞いたことがあります。

そもそもニキビや吹き出物の原因とされているものは毛穴のつまりなんですね。毛穴が塞がれたりして、脂が中に溜まったりしてそれがニキビとか吹き出物になってしまうんですね。

10代とか思春期のときっていうのはだいたいホルモンバランスが取れてなくて、不安定なんですね、それで脂が大量に出て毛穴を塞いだりしてにきびになってしまうんです。
これが大人の場合となると、生活が不規則であったり、あとは洗顔がちゃんとされていなくて、角質のケアがちゃんとなされていなかったりした時に吹き出物として出てきます。
顔の洗いすぎなんてのもよくないんですね。

ここで「ニキビ」として呼べる(呼んでいい?)のはだいたい20代前半くらいまでとされています。

大人になるとホルモンバランスが安定してきますからね。おとなになってからのニキビみたいなブツブツしたものは、すべて吹き出物と呼ぶようにしましょう。

大人ニキビなんて言われていますけどこういったものも、吹き出物なんですね。実は。

なかなか定義ってむずかしかったのですが、ホルモンバランスが取れていなかったりちゃんとした根拠があればなんとなくニキビって呼べるなって思いました。

これからは吹き出物なんですね。
そもそもこういった吹き出物が出ないようにしたいですね。

手の甲のシワから考えるアラフォーのためのアンチエイジングとか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です